なぜ、スキルだけ磨いてもダメなのか?【漫画で学ぶ伝えるチカラ】


こんにちは!

まんがプロモーション作家の
ありす智子です。

 

前号では、

描く事が好きな人が
イラストレーターや漫画家になるけど
多くの人は描けども描けども豊かになれない~

mm01.jpg

という状態になっている、
というお話でした。

 

では、

なぜ、せっかく得意な事を活かして
好きな仕事で起業できたのに
そんなジリ貧のフリーランスに
なっちゃうのか?

 

 

何を隠そう私自身が起業して
数年はそんな状態だったので、


私の体験と共にシェアしますね!

ビジネスで成功するために
必要なことは何か?

 

色々ありますが、

 

人々が求めているものを創り、
求めているタイミングで提供する

これ、大事。

 

こういう風に考えて
ビジネスをすると、
↓こんな風にお客様が集まりやすい。

20171212-3.gif

 

つまり世の中やお客様の目線で
考えることが大事なのですが、

 

 

「もっと上手く描きたい!」
「もっと良いものを作りたい!」


が一番大事な職人気質だと、

お客さんのことよりも、
技術を高めようと
自分にアンテナが向きがちです。

 

技術のプロフェッショナルに
なるならばこれで良いし、

会社組織だったら、
営業とかマーケティングとか
適材適所で役割分担ができるのですが、

 

ひとりのビジネスだと、
ホント「天才的な発明家」レベル
じゃないと、技術だけじゃ難しいと
思います。

 

それで、
何が売れるのか、
何が必要とされるのか分からないと

 

その部分は他の人にやってもらうために、
下請けになるのが手っ取り早い方法。

だから、
ビジネスの部分を請け負う
漫画制作会社さんなどが橋渡しになり、

下請けで受注する、という仕組みが
ビジネスとしては一般的。

 

当然コストはなるべく抑えたいので、
制作費も低くなりやすいです。

 

↓こんな感じに。

アカデミーキャンペーン201808-8-290.jpg

 

また、
もう一つのパターンとして、
私の場合。

 

私は、下請けの仕事は
ほぼしたことがなくて、
(というか全然違う業界にいたので、
そういう働き方を思いつかなかった)

 

最初は、
どう広めていいかわからないし、
とにかく無料で描いて
目の前の人に役立とう!

と思って、

 

セミナーに参加した時に
漫画でセミナーのまとめを描いて
プレゼントをしていたら、

 

 

真由さん.jpg
当時から人気の
フォトコミュニケーションの第一人者
渕上真由さんにものすごく感激されて、

ブログやFacebookで超拡散して頂き!!

(ホント、恩人!)

 

一気にFacebookでご縁が広がり、
それがまた次のご縁を産んで、


その後ずーっと3年間、
口コミ紹介のみでお仕事
していました。

 

まあ、こういうと一見良さそうですが、
これはこれで落とし穴たっぷり…。

 

次号では、

ボケっとビジネスを始めちゃって
浮き沈みしまくりだった起業人生から、

ある事を学んで実践して
劇的に変わった

お話をシェアしますね!

 

 

起業した後悩んでる
フリーランスのイラストレーターさんや
漫画家さんの参考になったら
嬉しいです^^

まんがでプロモーションしたい方は
↓こちらをご覧ください^^

〜無料電子書籍〜
『まんが電子書籍プロモーション

 全作品集』

290-1.png

▼ダウンロードはこちら▼

 

ではまた、次号にて!