全員に同じ熱量が伝わるオンラインコミュニケーションの可能性を活かすには?【漫画で学ぶ伝えるチカラ】


こんにちは。
集まる集客®まんがプロデューサーの
ありす智子です。

 

ついにオリンピックの延期が
決まりましたね。

これから課題が山積だと思いますが、

こんな前例のない困難を
乗り越えたからこそ実現したという
歴史に残るオリンピックになる!!

と信じて、私は私の持ち場で
全力を尽くしたいと思います。

 

ほんの数ヶ月前、
こんな事態になるとは
想像もしませんでしたが、

歴史って本来は
こんな想定外の繰り返し

なんの根拠もなく
「想定内が当たり前」と
思い込んでいること自体が危険
なんじゃないかと思います。

そもそも地球の歴史からしたら
人間の文明なんて一瞬ですもんね^^;

 

ビジネスでも同じ!

 

オンラインでのビジネスも
オンラインでの人との交流も、

ここまで当たり前のものになるとは
10年前は想像してませんでした。

 

先日、外出禁止になったイギリスでは
誕生日パーティーができない子のために、
とある劇団がオンライン誕生日パーティー
を開催し20名以上が参加!

SS 2020-03-25 21.53.42.jpg
画像はニュースサイトhttps://www.fnn.jp/より

アナ雪で盛り上がったそうです。
劇団員さんからは、
「普段の公演よりも子どもたちが
集中して見てくれて驚きました!」
とのコメントが。

 

そうなんです!

 

オンライン講座なども、
参加者多数なのに、
まるで講師とマンツーマンのような
不思議な感覚になります。

1対1でのやり取りも、
1対100でのやり取りも、

各自の画面上では
講師が目の前にいる
ような距離感なのです。

 

↓実際はたくさん参加していても、
 講義中は基本的に話し手一人が
 クローズアップされる画面のため

SS 2020-03-18 22.38.51.jpg

 

これって、

 

コンサートで例えると、

東京ドームに5万人の観客がいて、
アリーナ席最前列で最高の体験が
できるのは100人くらいで、
大多数は米粒サイズにしか見えない
状況だとすると、

オンラインなら
5万人全員に同じ距離感で、
同じ価値を
届けられる!

そんなイメージ!

 

(当然、生のライブの方が
 断然良いのは置いといて・・・)

(ちなみにZOOMは無料&プロプランで
 最大100名まで)

 

著名な方の講演会も、
まるで目の前にいるかのように
ZOOMで視聴できる!

 

しかも!

 

私は20年ほど前、
500名以上が参加した
神田昌典さんの講演会で、

めちゃくちゃ勇気を出して
挙手したら当てていただき、
「すみません、き・き・緊張して
 おりまして・・・・」
とアガって震える声で質問したですが、
(講演CDに残っていて
 恥ずかしくて聴けない…(ToT))

 

最近では
神田昌典さんや他にも著名な方の
ZOOM講演に参加すると、

チャットで気軽に質問できて
サラッと答えてもらえちゃう!!!

すごい!
(人見知りだから助かります^^;)

 

と言うことは、
実はすごく素敵なアイディアがあるのに
リアルだと発言できない人も
(挙手が少ない日本人あるある)

発言できるようになって
ディスカッションが活発化する
可能性もあったり。

 

オンラインでそんな、

フラットなコミュニケーション

叶う。

 

 

しかも、

自宅でリラックスしながら
体験することで、

心理的な抵抗が減り、
安心感、親近感

→信頼につながり、
ビジネスに活かせる。

 

オンラインワーク01.jpg

 

そんな風に、

オンラインのコミュニケーション、
バーチャルコミュニケーション
当たり前が、これからますます
変わっていきそうです。

 

昨日も門下生と初ZOOMミーティングで、
既存のリアルで行うビジネスとは違う
新しいオンラインビジネスを提案し、

企画創造スタートしました!^^

谷口さん 2020-03-25 16.09.14.jpg

私自身が今こんなのがあったら
喉から手が出るほど欲しい!!!

と思う内容なので、
とっても楽しみです^^

 

あなたも、この機会に
ビジネスをオンライン化
してみませんか?

或いは、本業とは別に
オンラインの副業
考えてみませんか?

 

私で良ければ、
ZOOMでのご相談承ります^^

 

<<<本日締め切り!>>>

オンラインスタイル個別相談バナー01.png

▼詳細、お申込みはこちら!▼

 

参加いただいた方には、

◆私が具体的にどのように
オンライン化をしてきたのか?

◆集客も講座コンサル業も
オンラインで行う
オンライン・ビジネススタイルとは?

◆ZOOMを使って仕事を
オンラインで進めるメリットとは?

 

私や、私の仲間がやっている
オンラインスタイル・ビジネスの
具体策を、ご紹介しますね!

 

ではまた!