自分のシゴトを理解してもらえない2つの背景【漫画で学ぶ伝えるチカラ】


以前、
友人の出版記念イベントに
参加した際に、
 
 
3年ぶりにお会いする
ミリオンセラー作家の
樺沢紫苑先生にご挨拶させて頂いたら、
「イラストの方ですよね?」
と覚えていて頂けて感激した事が
あります。
(さすが『読んだら忘れない記憶術』の著者!
 記憶力、超人レベル!!!)
043-1.gif
 
 
 
ベレー帽のおかげもあって
最近は一度で覚えてもらえたり
Facebookで見かけて覚えてもらい
イベントで声をかけて頂く事が
増えました。
 
 
ありがたいことです^^
 
ありがとうくん290.jpg
 
自分が何屋さんなのか
認知して頂く事って、
起業家にとって
ものすごく重要ですよね。
 
 
が、しかし、
 
自己紹介したのに
相手に伝わってなくて
「何屋さんなの?」
「何がしたいの?」
と聞かれるというお悩みは
よく聞きます。
 
 
なぜ、自分のシゴトを
なかなか理解してもらえないのか?
覚えてもらえないのか?
 
 
シゴト自体も
変わってきているという
時代背景を感じます。
 
 
1.
コーチ、コンサル、
セラピストなど、
目で見えない仕事が増えている
 
043-2.gif
 
→実物がないと
言葉を聞いて自分で
「こういう事か」とイメージしたり
論理的に理解
する必要があります。
 
言葉を聞くだけで
自分の中で咀嚼できてないと
伝わっていない事に。
 
 
 
2.
色々なスキルを組み合わせて
独自の肩書やコンテンツをつくる
個性的な起業家が多い。
 
043-3.gif
 
前例がないものは
聞き手がイメージできずに
伝わりません。
 
相手がイメージしやすいように
工夫して伝える必要があります。
 
 
「伝わらない」のは、
そんな風に
シゴト自体が変わってきている
背景もありますね。
 
 
 
ではそういう
目に見えないシゴトを
どのようにしたら
伝わるようにできるのか?
 
 
 
また次号に続きます^^
 
 
その他、
自分の伝えたいことが
伝わらない原因と対策を
 
まんが電子書籍にまとめました!
 
↓ぜひ読んでみて下さいね^^
 
hyoushi2019-07-22 11.18.15.jpg
 

ぜひこれを読んで、

あなたの伝える力を10倍に

してください^^

▼無料ダウンロードはこちら!

 

読まれたら、

ご感想を頂けたら嬉しいです^^

 
ではまた!