なぜ自分が伝えたい相手に情報を届けられないのか?【漫画で学ぶ伝えるチカラ】


昨日は、
漫画制作の打ち合わせでした!
 
furukawasan01.jpg
 
おもてなしエバンジェリストの
古川弘恵さん。
 
 
古川さんは、老舗に生まれ、
結婚後の海外生活の中で
マナーとおもてなし
コミュニケーションスキルを磨き、

帰国後は「花」「食」
「おもてなし」をテーマに
10年で延べ3000人の生徒を
指導されてこられました。

そんな経験をもとに、

お教室の先生や・サロン業のための
相手を磨くための心配りと会話術

リスペクト・ディスカッション
スキルという

独自の講座をされています。

 

オリジナルの講座で
なかなか伝わりにくいという事で
漫画で分かりやすく伝える

ことになりました!

 

漫画を描くには、
まずはキャラクターの設定です。
 
 
この講座を
一番伝えたい人は誰なのか?
その人が、この講座によって
どんな風になれるのか?
 
 
最初は40代のお教室の先生という
漠然としたイメージでしたが、
 
お話を聴いている中で、
 
 
年齢や、外見、
どんな性格や雰囲気の人で
今までどんな経歴で生きてきた
人なのかも、
 
ありありとイメージできるまで
人物像が出てきて、
 
「いるいる、こういう人!!!」
 
というキャラが出来てきました^^
 
 
 
キャラクターさえできれば、
あとはスムーズにストーリーを
進めやすくなります♪
 
 
そして、
格段に伝わりやすくなります。
 
 
伝わりにくい原因の一つは、
誰に伝えたいかが
そもそも明確でないこと。
 
そうすると、
伝えたい相手に
響かないし届きません。
 
 
 
古川さんには、
 
「こういう人いるいる!
そう、そう(^^)
その人にぜひ届きますように♡
楽しみにしています。
 
伝わりにくいものを、
まんがで伝えるチカラは
すごいです。」
 
とご感想を頂きました!
 
 
 
 
その他、
自分の伝えたいことが
伝わらない原因と対策を
 
まんが電子書籍にまとめました!
 
↓ぜひ読んでみて下さいね^^
 
hyoushi2019-07-22 11.18.15.jpg
 

ぜひこれを読んで、

あなたの伝える力を10倍に

してください^^

▼無料ダウンロードはこちら!

 

読まれたら、

ご感想を頂けたら嬉しいです^^

 
ではまた!