「読む方目線で知りたいことって、こういうことなんだなと勉強にもなりました」【漫画で学ぶ伝えるチカラ】


こんにちは!

まんがプロモーション作家の
ありす智子です。

 

もうすぐまんが電子書籍をリリースされる

発達科学コミュニケーション主宰の
吉野加容子さんに、

個別相談会のご感想をいただきました!

yoshinosan2019-01-30 17.46.19.png

吉野さんは、
いわゆるグレーゾーンのお子さんを
お持ちのお母さんに対して、
 
声の掛け方や接し方などの
コミュニケーションを学ぶことで
子どもの能力が伸びていく!
 
というメソッドを提供されていて、
たくさんのインストラクターや生徒さん
を育てられています。
 
グレーゾーンの子の育て方に悩む
お母さんにとっては、まさに救世主!
 
たくさんの方が
発達科学コミュニケーションで
改善されたそうです。
 
素晴らしいお仕事ー!と、
全力で応援したいと思って
漫画を制作させていただきました^^
 
 
個別相談では
↓こんなお声をいただきました!
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
◼どうして個別相談会に
 参加されましたか?
 
普段はメルマガなどで
文章で伝えていますが、
 
漫画だとイメージで伝えられるのが
魅力でした。
 
専門性が高い分野なので、
文字だけだと伝わりにくい
部分があります。
 
子供がどう変わっていくか、
お母さんがどう変わっていくか
説明しにくかったり。
 
このサービスの、
目に見えにくい部分をイメージに
してもらえるのを、
他の方の作品を見て良いなと
思っていたので今回申し込みました。
 
 
◼参加してのご感想
 
こんなに早くすっきり
ストーリーが決まるなんて
びっくり!
 
すごく的確に聞いてもらえて
引き出してもらえました
 
読む方目線で知りたいことって
こういうことなんだなー
勉強にもなりました。
 
 
◼特に、今まで文章だと
 伝えにくかったなと感じたことは?
 
 
講座を受ける前と受けた後の、
子どもや、お母さんのビフォーアフター
ですね。
 
実際、ボロボロだったお母さんがが
綺麗になったりと、
すごく変わられるんですけど、
 
顔が変わるというよりは
幸せそうなオーラとか
充実感じゃないですか。
 
そういう表情とか雰囲気って
文章でも写真でも伝わりにくくて、
インストラクターに話しても
「は??」となるんですよね。
 
 
そういう目には見えてるけど
言葉では説明できない部分
 
これが伝わるのは漫画ならでは
だなと思います。
 
 
◼まんがプロモーションは
 どんな方におすすめですか?
 
目に見えにくいサービスを
やっている人に絶対良いですよね。
 
特にスクール業、セラピスト。
 
むしろやらない理由はない
ですよね!
 
ストーリーが伝わりやすいから
やったほうが良いと思います。
 
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
吉野さん、ありがとうございます!
 
「やらない理由はない」という
力強いおすすめ頂きました♫
 
リリースされたらまたご紹介しますので
楽しみにしていてくださいね!^^
 

***無料公開中!!***

まんが電子書籍プロモーション
37事例集
〜2018年12月version〜

作品一覧20181225-1mm.jpg

▼ダウンロードはこちら!
%%%_LINK_14078_%%%

 

それでは、また次号にて!^^