業界を変えた人気プロレスラーに学ぶ5つの成功ポイント【漫画で学ぶ伝えるチカラ】


こんにちは!

まんがプロモーション作家
ありす智子です。
 
 
昨日アプリで『情熱大陸』を見たら、
特集がプロレスラーの棚橋弘至さん
 
同い年って事で興味を持って見たら
 
起業家としても改めて学ぶことが
多いと思ったのでシェアします!
 
20181004-1.jpg
 
棚橋さんがプロレスラーになってすぐ
プロレス人気がどんどん下降し、
 
・ファンがどんどん減っていく
・会場も盛り上がらない
 
そんな状態に危機感を感じた棚橋さん。
 
 
プロレスで生きていくためには、
 
 
まず環境
 
変えなきゃだめだ
 
 
と、どんどん現状を変えたり、
新しい事をやってみたそうです。
 
 
例えば、「チャラさ」
プロレス界に持ち込んだのは
棚橋さんが初。
 
 
見せ方にもこだわり、
「映え」意識
リングで映えるために黒く焼いたり。
 
 
毎回試合前に美容院に行って
違う髪形にして、
お客様を飽きさせない工夫
をしたり。
20181004-3.jpg
(ポニーテールとは意外だった!)
 
 
徹底した自己管理で、
家族とは別メニューを自炊したり。
 
SNSで毎日
料理やコーディネイトを発信したり。
 
20181004-2.jpg
 
 
そして雑誌のモデルや俳優、
Podcastなど色んなメディアに露出。
 
きっかけはなんでもいい、
会場に来てもらうためにした
創意工夫っぷり!
 
何年もかけてまきつづけてきた
タネが着実に実って、
プ女子と呼ばれる女性ファンが増え、
12000人の会場が満員に!
 
というお話でした。
 
 
 
ポイントは、
 
✳環境を変える
✳見せ方を変える
✳飽きさせない工夫
✳毎日SNSで発信、露出
✳徹底した自己管理
 
 
 
これ、起業家にも
とても大事で毎日心掛ける
ことばかりですよね。
 
 
また、
試合を見に来てもらうという
目的のためなら
とにかく何でもやってみる
やるなら徹底的に!
 
20181004-4.jpg
 
という、取り組み方の姿勢にも
すごく気づかされる事がありました。
 
 
ケンタッキー・フライド・チキンの創業者
カーネルサンダースの言葉にも
 
「できる事はすべてやれ。
 やるなら最善を尽くせ」
 
とあるそうです。
 
 
 
あなたは、
目的のためにありとあらゆる方法で
創意工夫して徹底的にやっていますか?
 
 
 
私は、まだまだだと思ったので、
もっともっと取り組んで
いきたいと想います。
 
何か参考になったら嬉しいです!^^
 
それでは、また次号にて!