出版とビジネスに共通する大事なこととは?【漫画で学ぶ伝えるチカラ】


こんにちは!

まんがプロモーション作家の
ありす智子です。

 

 

さて、土曜日は、

出版界のカリスマ遠藤励起さんと
ベストセラー作家の 中山 マコトさんの
出版セミナーに参加してきました^^

 

皆さん、
どのくらいの本が世に出ているか、
ご存知ですか?

 

なんと、その数
毎日平均130万冊!
1日平均1000-2000冊の新刊
出るのだとか!

 

出版不況と言われ、
統計を見ても出版販売額は
右肩下りなのですが、

スクリーンショット 2018-07-09 12.58.49.png

それでも、この出版数!

 

読者は、まだ見ぬ新しい物を求めてるし、

編集者は、まだ世の中にない新しい価値を提供できる新人を発掘したいと思っている!

 

これ、ビジネスでも全く同じですね!

 

こんなに色んな商品が
世の中に溢れているのに、

消費者はまだ見ぬ物を求めて
新商品、新しいデザインに惹かれ、

その世の中にまだない
価値ある商品を生み出し提供できるのが

起業家の役割でもあるなと想います。

 

セミナーの中で、

書きたいものを書いてもダメ。

読者が求めているテーマを、
自分の経験や専門分野で書く事。

 

だから週1回は本屋さんで
世の中の人が求めているテーマは?

とチェックしましょう、という事でした。

20180709.jpg

 

これは起業家としても同じですね。

売りたいものを売っていても
得てして思うような成果は得られません。

 

いかに、
お客様や世の中に好奇心を持って、
相手が心から求めているものを
調べ、想像し、提供するか。

 

出版の世界はとってもシビアで、
売れないと2週間で返品されたりして
絶版への道を歩むのだとか。

 

せっかく想いを込めて作った本が
1ヶ月くらいで「死亡宣告」されたら
辛いですね。。。><

 

そのためにも、
出版でもビジネスでも、
リサーチと想像です!

 

お客様のことを
イメージしたりするのが苦手

という方は、

↓こちらの漫画のワークを
 試してみてくださいね!

▼まだの方はこちらからダウンロード!

~無料電子書籍~
これであなたも、
今すぐマンガで伝わる!
『スゴイ伝え方』
魔法の3ステップワーク

alicetomoko201806-1-290.jpg

▼ダウンロードはこちら▼
%%%_LINK_11352_%%%

 

ではまた、次号にて!