打ちやすい「トス」だけ打ってませんか?


こんにちは。
集まる集客®プロデューサーの
ありす智子です。

 

「自分にちょうど良い」ものだけ
受け取っていませんか?

今、石垣島に起業家合宿
リーダーズグローイングCODEに
来ています!

グローイングCODE2020:11:09−2.jpg

このご時世なので、
全員がPCR検査を受けて
陰性証明をもってまで
石垣島に集まっているのはなぜなのか?

 

それは、
自分の当たり前を変えるため。

 

昨日全員が揃い、
ウェルカムパーティーを開催。

 

ここに来るまでの間に
いかに自分の当たり前を変えるか
全員で挑戦したのですが、

見事、
変化率No. 1賞を受賞されたのは
私の門下生のやぶざき恵子さん!

感動ーー!!!!

グローイングCODE2020:11:09−3.jpg

教わったことを素直に受け止め、
誰よりも没頭してやりきり、
過去最高の結果を出されたやぶざきさんに、

スペシャルなプレゼントを手渡しました。

 

 

そんなやぶざきさんに、

私の大師匠の相葉さんから頂いた言葉が

ガツーーーン!!!

と響いたので、シェアします。

 

誰かに相談したり
学んだりした時、

自分にちょうど良い情報だけ
とっていませんか?

 

それって、
例えばバレーボールで言うと、
自分が打ちやすいトスだけ
打っている状態です。

そうではなく

「自分にちょうど良いトスは
 二度と受け取らないでください。

 それでは自分の当たり前を
 変えることはできません。

 ちょうど良い(=わかりやすい)
 トスがきたら、
 もう一段階高いトスをくださいと
 言ってください」

 

私は門下生に
なるべくその人がわかりやすいように
やりやすいように教えたり
アドバイスすることを、
とても意識していました。

バレーボールで例えると、

ちょうどスパイカーが打ちやすい
トスを上げてあげるような。

 

ですが、

相手にとってわかりやすい方法
=相手の今の当たり前の範囲のこと

なので、

それでは相手が
自分の当たり前を変える
大きな変化成長のきっかけになることは
ないのです。

 

ちょっと高いトスのコピー.jpg

相手がもうちょっと高く
ジャンプしないと届かない
トスを上げることで、

それが打てるように研究したり
やり方を変えたり
トレーニングしたり、

当たり前を変えていける。

ちょっと高いトスのコピー2.jpg

 

私もやって頂いていたのに
自分は真逆のことをしていた!!

 

 

ちょっと高いトスを上げる
効果的なやり方を聞いたので、

これから意識していきたいと想います^^

 

参考になれば嬉しいです!

 

 

 

「人は人で変わる」

そんな事を
合宿中には実践していきたいと想います。

今日からは
ダイビングのチャレンジを
ビジネスに置き換える
トレーニングをしていきます♪

またシェアしますね!^^