超やる気のない小学生男子に計算が楽しいと思わせる方法と、ビジネスへの置き換え方【漫画で学ぶ伝えるチカラ】


こんにちは。
まんが企画創造プランナーの
ありす智子です。

 

先日、Facebookで

↓こんな投稿をしたら・・・

子どもネタ宿題01.jpg

 
 
めちゃくちゃ気になります!
 
 
とコメントを多数頂きました!
 
ビジネスと漫画の考え方にも通じるので
ご紹介します^^
 
 
 
やり方を説明して手本を見せたのに
↓このくらいのレベルで分かってない
 長男(小4)に対し…
 
掛け算筆算の教え方01.jpg
 
 
 
真面目に教えるのは
 
もう、バカバカしい!!!
 
と感じ、なんか面白い感じて
教えようかな〜という気に
なってきました。
 
 
 
 
楽しめば、疲れない♪
 
がモットーの子育てです^^
 
 
で、こんなことを思いつきました。
掛け算筆算の教え方02.jpg
 
 
 
バトルとか好きな男子目線で。
 
↓こういう対戦形式ってことに。
 
 
掛け算筆算の教え方03.jpg
 
 
掛け算筆算の教え方04.jpg
 
 
ここまでは行ったけど
最後に足し算をしたがらないので
↓こういうことにしてみました。
 
 
掛け算筆算の教え方05.jpg
 
 
ここでも数字に勝ち負けがある
という事にして、
ゲーム的な要素を。
 
掛け算筆算の教え方06.jpg
 
 
掛け算筆算の教え方07.jpg
 
 
そんな感じでようやく
計算ドリル1ページを完璧に
楽しそうに終えてくれました。
 
 
 
決して、このやり方良かったから
やってみて〜!のシェアでは
ありません^^;
 
 
 
お子さんだけでなく、
 
わかってない
やる気がない
 
という
生徒さんや門下生さんに
教える機会もありますよね。
 
そんな時、どうされていますか?
 
 
 
この方法をなぜ思い付けたかというと、
2つの理由があります。
 
 
1、もともと漫画を描くので
なんでもかんでも擬人化して見る
という癖がある、ということ
 
数字もキャラクターに見えちゃうんです。
(ちょっと変態の領域かも…^^;)
 
掛け算筆算の教え方02のコピー6.jpg
 
2、相手の興味関心のある
 世界観や言葉を活用した事
 
今回はうちの子は戦いものの
漫画が好きなので(男子あるある)
対戦型に。
 
我が家はゲーム機はないのですが
学習タブレットのおまけゲームを
楽しんでいるので、
 
対戦ゲームとして捉えるという
ものの見方捉え方を与えてあげました。
 
 
 
あなたの
お客様、生徒さん、
門下生さん、お子さんは、
 
どんなものが好きで、
 
どんな言葉やどんな形なら
すんなり入りそうですか?^^
 
 
参考になったら嬉しいです!
 
 
ではまた!