シンプルパフォーマンスセラピーのチームでは今年漫画8作品を描かせて頂きました!【漫画で学ぶ伝えるチカラ】


こんにちは!

まんがプロモーション作家
ありす智子です。
 
 
金曜日に、
スマイリーランド主催の
「シンプル冬至パーティin江ノ島」
に参加してきました^^
sumailey.JPG
50名ほどの起業家で、
すごい盛り上がりでした♫^^
 
 
主催の
シンプルパフォーマンス
プロデューサー
三ツ間幸江さんには
 
mitsumasan1812.JPG
今年は5作の
漫画を描かせて頂きました!!
 
mitsumasan2018.JPG
 
★5作めの最新作も
 まもなくリリース!
 
 
たくさん活用して頂いて
本当に感謝感激です!!!
 
 
三ツ間さんからは
こんなご感想を頂いています。
ーーーーーーーーーーーーーーー

今まで心の事を表現するのに、
言葉を補う良い画像が
探してもないから、

視覚では伝わりづらかった

漫画で分かりやすく描いてもらい
自分の仕事量が格段に減って
成果が上がるように!

2冊目は626ダウンロード、
個別相談に40件申込があり、

漫画の通りの理想の人たちが
来てくださってます!

漫画だと伝わりやすいのと、
人柄が出るのが気に入ってます

売上も100~200万円だったのが
月商300万円が安定しています。

ーーーーーーーーーーーーーーー

 
また、
三ツ間さんの門下生の
葉山江美さんにも、
 
今年3作の漫画
描かせて頂きました!
 
hayamasan2018.JPG
★3作めの最新作も
 まもなくリリース!
 
 
葉山さんからは
こんなご感想を頂いています。
 
ーーーーーーーーーーーーーーー

今までも電子書籍をリリース
していましたが、

漫画にすると分かりやすいと好評で
過去最高月商に到達できました!

個別相談に来られた方は
「漫画の主人公が、
まさに私の事でした!」

ペルソナ通りの看護師さんが
殆ど!漫画で具体的に描写した
から伝わったんだと思います。

ーーーーーーーーーーーーーーー

 
三ツ間さんにも、
葉山さんにも、
 
1度描いた漫画も
度々活用いただいたり、
 
主人公とストーリーを変えて
シリーズ展開して頂くことで、
 
たくさん漫画の力を活用
していただきました!
 
 
 
シンプルパフォーマンス
ナビゲーターさんを育てる
インストラクターさんも
どんどんご活躍中!
シンパフォ.jpg
 
意欲的で楽しくて
自由な働き方を体現している、
 
すごく素敵な
女性起業家チームに!
 
 
私自身も
シンプルパフォーマンスセラピーを
学ばせて頂き、
 
自分のネガティブ思考や
人と比べがち、影響される、
その他諸々の思い込みを外したり、
 
雑念に捉われがちな頭を
パッと集中モードにできるなど、
 
 
起業家にとって必須スキル!
と言えるすごいメソッドなので
毎日活用してます。
 
 
なので、
シンプルパフォーマンスセラピーが
広まっていって
 
笑顔で働く人が増えて
子どもの笑顔も増えるなんて、
私もとっても嬉しいです(*^^*)
 
 
シンプルパフォーマンスセラピーに
ご興味のある方は、
ブログを見てみてくださいね!
 
 
 
ちなみに、
今回のイベントのテーマは
冬至
 
 
「なぜクリスマス、忘年会でなく

 冬至のイベントなのか?」

 

三ツ間さんは、

日本古来からある
節目を大事にされていて、

特に冬至=陽が1番短い日は、

つまりは
冬至を境に陽が
だんだん長くなる!

これから明るい方へ
向かうという事!

 

なので、
参加される起業家の方が
より飛躍するために、

冬至前日に不要なものを
手放す会を開催されたとか。

 

もう、この

参加者のみなさんに
より良くなって欲しいという
三ツ間さんの想いに
シビれました!(≧∇≦)

 

手放すものとは何か?

来年の挑戦に向けて

「足を引っ張る2つのもの」

あるんです。

 

何だと思いますか?

一つは、
出来なかった、ダメだった、
という失敗や後悔…

 

そしてもう一つは・・・

成果が出たこと
上手くいったことも、

それに執着したり
満足して停滞してしまう事も多く

手放した方が良いとのこと!

 

なるほどーーー!!!!!と
大きな気づきになりました!

 

イベントでは、
シンプルパフォーマンスセラピーのスペシャルセッションで、
その2つを手放しました♫

 
 
私も今のうちに手放したいーー!!
 
という方は、
シンプルパフォーマンス
ナビゲーターさんの体験会に
行ってみてくださいね^^
 
 
 

 

★残り4枠★

個別相談会画像02-290.jpg

 
詳しくは、
電子書籍をダウンロードして
みて下さいね!
 
 
ではまた次号にて!