油野智恵美さんのまんが電子書籍『わたしがイライラしなくなった理由』の解説<2>


こんにちは!

まんがプロモーション作家
ありす智子です。
 

昨日のメルマガに引き続き、

なかなか価値が伝えづらかった
サービスを漫画で分かりやすくした
事例をご紹介します。

表紙290.jpg
 

人生が変わる料理教室

との異名を持つイノベーティブな
お仕事をされている

油野智恵美さんの電子書籍です。

 
 
 
 
1.漫画で、よくあるお客様の
 お悩みの状況を描写した
 
2.何をやるのかをイメージ
 できるような漫画にした
 
という事をお伝えしました。
 
 
 
↓↓↓ 続き ↓↓↓
 
 
<3、変化の様子>
 
商品を購入する時、
 
「これを買ったらどうなるかな?」
と想像しますよね?
 
・この服なら痩せて見えそう
・このPCなら仕事がはかどりそう
・このケーキなら子供が喜びそう
 
などなど、
今までの経験があり
変化が想像しやすいものは
良いのですが、
 
 
見た事も、聞いたこともない。
 
そんな商品だと、
なかなか
 
「これを買うと、
どんな変化があるか?」
 
想像できません。
 
 
そこで、漫画の出番!
 
 
講座で学んだあと、
 
具体的に、どんな行動をとってみて、
その結果どうなったか?
 
油野さんまんが電子書籍_010.jpg
 
どんな気づきがあったか。
油野さんまんが電子書籍_011.jpg
 
などを描写する事で、
 
主人公と近い方は特に
 
「ああ、私もこの主人公と
同じパターンなのかも!
私がやったらどうなるんだろう?」
 
と想像しやすくなり、
試してみたくなります。
 
 
 
<4、ハッピーエンド>
 
<3>の続きで、
最終的なゴールとして
 
「これを買うと、
自分がどうなれるのか?」
 
も、想像できると
購入しやすくなります。
 
 
お客様の体験談でも
紹介できますが、
 
例えば
「夫が協力的になってくれました!」
 
と文章であっても、
 
人によって「夫が協力的」の
イメージが違う事もあるし、
 
 
夫が協力的って意味は分かるけど、
具体的にどんな感じなのかは
ピンとこないなぁ
 
と言う方もいます。
 
そこでこれを漫画にすると、
映画のワンシーンのように
情景を切り取る事で、
 
油野さんまんが電子書籍_012.jpg
 
抽象的な言葉が
一気に具体的なイメージとして
伝わるようになります
 
 
 
油野さんから、
まんが電子書籍でキャンペーンを
行った感想を頂きました!
 
油野さん200.jpg
ーーーーーーーーーーーー
<なぜまんが電子書籍で
キャンペーンを行おうと
思われましたか?>
 
私は自分の講座が世の中の
イライラバタバタしている
お母さんたちのお役に
必ず立てると感じながらも、
 
それを自分の言葉で伝えていく
ことに難しさを感じていました!
 
講座に来るとどうなるのか、
それをわかりやすくお伝えしたい!
 
そう思いありすさんに
お願いすることを決めました!
 
 
<漫画の制作はいかがでしたか?>
 
ありすさんとのミーティングでは
自分の想いをどう表現したら
いいのかわからない!
 
そんな場面でもありすさんが、
想いを理解してくださり、
それをわかりやすく漫画で
描いてくださったことに
心から感動いたしました!
 
 
<漫画の反響はいかがでしたか?>
新しい方ではなく、
前から教室が気になっていた方に
お届けしたい、と思っていたの
ですが本当にその通りになり、
 
改めてありすさんの
『漫画で伝える』ことの
素晴らしさを実感しました!
 
どれだけ想いを持って
自信があっても、
 
伝わらなくては意味がない!
 
ありすさんにお願いして
本当に良かったと思っています^^
 
しあわせ土鍋ごはん主催
油野智恵美さんより
ーーーーーーーーーーーーーー
油野さん、
漫画を活用頂いた素敵なご感想
ありがとうございます!^^
 
 
 
あなたも
漫画で分かりやすく伝えて
新しいファンを増やしませんか?
 
 
続々ダウンロード頂いてます!

〜無料電子書籍〜
世界的ベストセラーと
まんがプロモーション7事例から学ぶ
新しい
ファン増やし方

スクリーンショット 2018-11-23 19.25.19 2.png

▼ダウンロードはこちら▼

 

 

★読者無料特典、先着残り5名様★

個別相談会画像02-290.jpg

残り日程はこちら!

◆対面日程(東新宿駅近辺)
12/8(土)11時
12/14(金)11時
12/14(金)13時
12/15(土)15時
 
◆オンライン日程(ZOOM)
12/7(金)11時
12/13(木)13時
12/13(木)15時
 
詳しくは、
電子書籍をダウンロードして
みて下さいね!
 
 
ではまた次号にて!