人の可能性と限界、どちらに目がいきますか?【漫画で学ぶ伝えるチカラ】


こんにちは!

まんがプロモーション作家の
ありす智子です。

 

今日は前回のメルマガに引き続き

居酒屋てっぺんの創業者
大嶋啓介さんの講演会で
心に響いたことを漫画でご紹介します!

 

可能性未来の力を、
どうすれば伸ばせるか?

 

人生の差は思い込みの差で、

みんな限界を勝手に決めて、
「私はこれくらい」と思い込んで
いることが多いのですが・・・

 

実は脳科学の分野では、

人の可能性がどのくらいあるかと言うと、

今の力⇒可能性が

最低でも3万倍

と言われているそうです。

 

 

3万倍て!!!!

今の3万倍仕事が出来たら
どうなっちゃうんでしょう?
想像つきませんが^^;;;

 

そんなに可能性があるのに、
なぜ自分で限界と思い込んでいるのか?

 

それは親の影響も大きいようで、
勝手な思い込みは6歳までに
80%決まるそうです。

 

親が、
その子の可能性(見えない部分)
を見ているのか?

或いは、
目に見える問題点にとらわれて、
限界を見ているのか?

20180814.jpg

大嶋さんが出会う中では、
大阪のお母さんはぶっ飛んでて
子どもが伸びると言われていました。

大阪のお母さんの口ぐせが
”あんたは大器晩成!”とか
”0点でも絶対すごくなる!”などの
方が多かったそうです。

 

これを聴いて、

「あちゃー」と思った私^^;

 

子どもが小さい頃は
可能性ばかり見ていたのに、

小学2年になって
先生から「〇〇君のことで・・・」
と呼び出されて問題点を指摘され、

あれ?やばいの?
と、不安になったりしました。

まさに、現象にとらわれてました!

 

 

 

これ、親子関係だけでなく、

部下の可能性を見ているか?

生徒の可能性を見ているか?

色んな人間関係に当てはまりますよね。

 

私も出会う人の可能性を見られる
自分になりたい!と強く思いました^^

参考になったら嬉しいです♪

 

 

夏の休み中に、
ビジネスをもっと広める方法を考えたい!そんな方は、

↓こちらの漫画のワークを
 試してみてくださいね!^^

 

~無料電子書籍~
これであなたも、
今すぐマンガで伝わる!
『スゴイ伝え方』
魔法の3ステップワーク

alicetomoko201806-1-290.jpg

▼ダウンロードはこちら▼
%%%_LINK_11352_%%%

 

ではまた、次号にて!