NPOを立ち上げた原点となる想いを漫画で伝える


全国から見学に来られるという
滋賀県のNPO法人四つ葉のクローバーさんの
会報誌を制作しました。

四つ葉のクローバーでは、
養護施設で育った子供たちの自立支援の活動として、

住まいと、働く場としての餃子屋「竹の子」を
運営されています。

そんな活動の全体像と、
なぜこの活動をやるのかという想い、
この活動をしてどうなるかという未来像
を漫画やイラストでご紹介しました。

餃子を買っていただいたお客様向けの会報誌なので
この餃子の特徴や、おいしい食べ方もイラストでご紹介♪

まず、表紙(左側)に、
このNPOの活動の全体像を。
従業員と地域の方々、行政、みんながHappyな様子を描きました^^

その右側に、美味しい食べ方を。
餃子の締めに目玉焼きは新発想でした!

そして、次の面は餃子の特徴3つを描きました。
餃子をキャラクター風にすることで、愛嬌や親しみやすさが出ます。

 

内側の面では、
四つ葉のクローバーができるまでの原点となった体験や想い、
そして、自信を無くしていた女の子が四つ葉のクローバーの活動を通して自立していった実話のお話を、

5コマの漫画3本立てで描きました。

この左側の、活動の原点となった体験を聞いたときは、
子どもたちのやさしさに感動して思わず涙がT-T

感動が伝わるようにと思って書きました。

代表の杉山さんからは、
「わかりやすくて評判いいですよ!」
と好評いただいています^^

ちなみに、とっても美味しい餃子です♡
滋賀に行かれる機会があったら、ぜひ食べに行ってみてくださいね!
通販もあります^^